50代の人生観とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

島 蒼一です。

50代の人生観についてお話しします。

 

50代といえば、はっきり言って大人です。

当たり前のことを言うようですが、最近このイメージは崩れかけています。

ニュースで学校の教員や企業の社長さんなど、犯罪を起こしている人が多く目につきます。

 

まだ、若く人生や経験を積んでいない年齢層ならともかく、残念なことです。

 

そもそも、人生観を持っている人って、どれ位いるんでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの人が持っていないか、あるいは考えたこともないのでは、ないでしょうか?

 

織田信長の時代は、人生50年と残したのは有名ですね。

 

一つの節目であり、人生は短いと言うことです。

 

私の感覚では、30歳を過ぎたあたりから、時間が早く流れる感覚が始まり、

歳を重ねるごとに、そのスピードは更に早く感じます。

 

遅く、子供さんを設けられた方は、子供さんの進学費用、車のローン、住宅ローンなどの出費が重なる時期でもあります。

 

普通に、子供さんを設けられた方は、大学も出し、子供さんが社会で羽ばたかれていることと思います。

 

ここで、子育ての大変な苦労をして借金も増え、親の介護なども入ってきます。

 

このような状況では、生きるとは何だろうと悩んでしまいます。

 

昭和の時代は、終身雇用が当たり前だったため、しっかり会社員として働けば退職金がもらえた時代です。

 

しかし、現在50代の人は、少なからず転職経験などがあり、昔ほど退職金をあてにすることができなかったり、

 

そもそも、いつ首を切られるかわからない時代。

 

会社として、50代はリストラの対象になるのです。

 

必死に、会社の為に身を粉にして、貢献してきたにも関わらずです。

 

いい加減、もう休みましょう。

 

会社員の方は後10年もしくは15年で退職年齢です。

 

どうしても、借金や支払うお金が多い場合は仕方ありませんが、

 

第二の人生を考え始めることも、大切ではないでしょうか?

 

50代の節目として、何らかの行動を起こすことは重要に思えてなりません。

 

3年後、5年後の自分のあり方について、深く考える、それが今の日本の50代には必要です。

 

今、人生成功しているか満足している人は除外して、

 

多くの、50代の方々は、今の現状をどうするかをフォーカスしていると思いますが、

 

自分の人生を、別の視野で新たに考えることが、最善の策だと信じています。

 

早く、本来の自分を取り戻すことに時間をかけましょう。

 

リンカーンの名言

どれだけ生きたかではなく、どう生きたかが重要だ

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る