インフルエンザa型にかかったら、薬なしではいけません。

  • 2017-2-5
  • インフルエンザa型にかかったら、薬なしではいけません。 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何年振りかに、インフルエンザにかかってしまいました。

病院はあまり好きじゃないのですが、たまらず病院へ!

最近、私の近所ではインフエンザが流行している模様です。

 

しかも、A型のインフルエンザ。

 

症状

最初、喉が痛痒い感じで、頭痛、筋肉痛、体の節々が痛い。

特に、眼球全体がづきんとする痛さでした。

 

すこぶる体調が悪いので、仕事のしすぎかなと思ったのですが、

何か様子が違います。

 

大事をとって、仕事を1日休み、休養することに!

 

すると、1日目から、熱が37.2度で少し高めです。

 

頭痛はひどくなり、身体中が痛み、しかも眼球も痛いので、たまらず病院へ行きました。

 

診断は

 

診断はインフエンザA型です。

 

病院の隅に設置してあります、特設ステージへ隔離です。

 

この時期、インフエンザの流行時期とあって病院側も準備万端です。

 

検査方法はいたって簡単。

 

綿棒を鼻の穴に突っ込んで、検査薬に入れ、後は、20分くらい待つと判定されます。

 

特設ステージで待つこと20分位。

 

病院の先生が、インフエンザA型ですねと一言。

 

この時点で、1ウィーク休みが確定。

 

愕然です

 

学校保健安全法で出席停止期間を次のように定めています。

 

「発症した後、5日を経過し、かつ解熱した2日(幼児は3日)を経過するまで登校できない。」

 

 

 

つまり、発症後、最低5日間は登校が不可ということです。

 

会社も同じです。

 

人にうつすな!ということですね。感染を最低限抑制するため。

 

薬はタミフル

 

処方箋でもらったのが、タミフルと解熱と痛み止めです。

 

病院に行ってから、早速飲みました。

 

2日目から症状が劇的に改善してきました。

 

タミフルは、発症後48時間以内に処方するのがベストです。

 

風邪と思っても、インフルエンザかもしれないので病院で検査してください。

 

タミフルは、ウィルスが細胞に感染を拡散させる部分を阻害して、インフルエンザを直していく薬です。

 

タミフルを飲むと本当に効きます。

 

但し副作用などがありますので、お医者様の薬についての注意事項をよく聞いて処方してください。

 

実は、約2ヵ月前インフルエンザ予防注射を受けていたのですが、かかってしまいました。

 

予防注射も完全ではないのでご注意ください。

 

発熱が37.2度しか上がらなかったので、もしかしたら予防注射をしていたために、重篤な結果を出さずに済んだのかもしれません。

 

まとめ

 

最後に、インフルエンザは風邪かなっと思ったら、すぐ病院に行って、インフルエンザかどうか検査してみる。

 

そして、A型だったら、タミフルを処方して貰い、発症48時間以内に処方する事が大切です。

 

一刻も早い、処方を!

 

こんな感じで、適切な処方をすれば、本当に嘘のように症状が改善します。

 

面倒臭がらずに、病院に行きましょう。

 

インフルエンザはとても辛いものです。

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る