サラリーマンも個人事業主も得する各種控除とは

  • 2017-3-2
  • サラリーマンも個人事業主も得する各種控除とは はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定申告はきちっとやらなければ、痛い目に合うことが多いですが

合法的に各種控除を申請すれば、得するお話です。

毎年恒例の確定申告ですが、各種控除をきちっと申請して、還付金を1円でも多くゲットしましょう。

 

税金の計算方法

税金の計算方法です、簡単に説明すると

収入ー必要経費=所得金額

※必要経費とは、

  1. パソコン用品の消耗品
  2. コピー用紙
  3. パソコンのソフト
  4. 打ち合わせなどの、交通費
  5. 家賃・通信費・光熱費(事務所経費)

必要経費にならない

  1. 所得税・住民税
  2. 国民年金・健康保険料
  3. 借入金返済金(利子は経費になります)
  4. 罰金(交通違反など)

所得金額が出たら

 

所得金額ー所得控除額

所得控除額

  1. 医療控除
  2. 保険関連

など

これに、税率をかけます。

(所得金額ー所得控除額)×税率

そして、これから税額控除を引けるんです。

(所得金額ー所得控除額)×税率ー税額控除等

税額控除

住宅ローン控除などの税金から直接差し引ける。

 

税金の関連は難しくなりますね。

難しい専門用語があって、文字アレルギーになりますね。

 

確定申告は、至る所に特設会場が設置してあって、探せばすぐに見つかります。

 

意外と、窓口の方は親切に教えていただけます。

ですが、やはり色々な性格の先生がいますので、対応の悪い方もいます。

会場では、番号札を渡されて、順番待ちですから

運次第です。

 

とにかく、控除できるものは全て申請することが大事です。

 

医療費控除

 

特に、医療費控除は大きいですから、

交通事故や、妊娠出産などは必ず申請しましょう。

  • 妊娠中の検診費用
  • 分娩までに医師や看護師に支払う費用
  • 助産婦さんへの報酬
  • 通院のための交通費
  • 出産の入退院などやむを得ないタクシー代
  • 出産の入院費
  • 不妊治療費
  • 人工授精の費用

ちなみに、病人に付き添った場合の交通費なども控除の対象になるので、

そのようなことが、あった場合は担当の人に相談した方が良いです。

 

ふるさと納税

 

ふるさと納税も控除の対象になるので、相談して見ましょう。

 

サラリーマンの確定申告

 

サラリーマンの確定申告はどうでしょう。

 

※確定申告をしなければならない人

  • 給与が年間収入2,000万円を超える人。
  • 年間20万円を超える副業収入がある人。
  • 2箇所から給与をもらっている人。
  • 災害など災害減免法で源泉徴収の猶予を受けている人。

こんな感じなんですね。

 

今年も頑張って、確定申告が必要な方頑張りましょう。

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る