パンダペンギンアップデートって何?

  • 2017-3-3
  • パンダペンギンアップデートって何? はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パンダペンギンアップデートとは、Googleが低品質なサイトを締め出す・圏外へ飛ばしてしまうことを言います。

インターネットで検索や閲覧を中心に見ている方は、まず関係ありません。

関係があるのは、インターネットでブログやアフィリエイトなどの情報発信をしている側にとっては、死活問題に直結する問題となっています。

 

サーチエンジンの概要

検索エンジンは広告の収入で成り立っています。

 

検索エンジンを使って、

ユーザーが満足すれば、検索エンジンは評価され、より広告を見る人が増え

この検索エンジンは、使えるぞとなり差別化が計れるわけです。

 

より、差別化を測ることによりGoogleとしては、利益が上がります。

 

その対策として、パンダペンギンアップデートがあるわけです。

 

ユーザーが使って、満足できるレベルをいつもGoogleは考えているのです。

 

インターネットを使うユーザーが、検索窓に自分の知りたい情報を調べる時に

検索窓に文字を打ち込みます。

 

自分の知りたい情報が、ピンポイントでズバリ出てくると、ユーザーは満足しますが、

 

自分の知りたい情報でなく、商品の売り込みページや調べたい情報と一致しない情報が出てくると、この検索エンジンは使えないとなるのです。

 

そのような経験ありませんか?

 

私は、調べたい情報がなかなか出てこなくて、疲れてしまったことがあります。

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

パンダアップデート

品質の低いサイトのページを探し出し、掲載順位を下げて、

良質なサイトの掲載順位を上げる行動を言います。

 

例えば、広告ばかりのサイトは広告がうざくて、イライラしますよね、調べた情報が知りたいのに、広告しか見えず、知りたい情報が見つけにくいサイト。

 

単なる、人のサイトをコピーしてできたサイト。

機械的に、自動的で生成されたサイト。

オリジナルな表現がなく、コンテンツもない。

単なるアフィリエイトサイト。(中身がなく広告だらけ)

このような、サイトはユーザーにとっては全く必要ないですよね。

これらを、圏外へ飛ばして見れなくする。

 

ペンギンアップデート

主に、リンクに関しての最適化です。

品質の著しく悪いページにリンクするページ。

品質の悪いページからリンクを受けているページ。

 

例えば、ページランクを意図的にあげようとして、さらにそれらを売り買いするために、

仕組んだ過剰なリンク交換などです。

また、キーワードを著しく含んだ、不自然なサイトのリンクなどを監視しています。

 

つまり、

不正・不自然な操作をして、自身のサイトの掲載順位を上げ、広告しかない不自然なサイトを意図的に上位表示するサイトを取り締まるアップデートと言えます。

 

残念ながら、今の現状は、いたちごっこになっており、敵も中々その辺を熟知していて、また新たな手法・手口で攻めてきます。

なんせ死活問題になっていますから。

 

定期的にこのような、webの大掃除をしてもらって、健全なユーザーに役に立つサイトが上位表示されるのは本当にいいことですね!

 

Googleさんには頑張ってもらいたいです。

 

ここまで、読んでくださりありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る